// archives

映画

This category contains 5 posts

鎖を解き放て! – BJCとROOTSから考える

自らの名を名乗ることさえ許されない人々がいた。一方の人々は、他方の人々を家畜のごとく使役し、彼らの名前を奪い、それから、自分たちにとって都合のよい名前を彼らに押しつけた。
しかし、そうして名を奪われた一人の男は、たとえ鞭 [...]

理解と思慮分別の間で – 『A Reasonable Man』

たいていの場合、振り返ってみればきっかけと呼べるものがある。僕の場合、自分と「アフリカ映画」が強く結びつくことになるきっかけは、『A Reasonable Man』にあった。南アフリカに訪れ、この映画と出会うことがなかっ [...]

生存と芸術の記録 – 『Bunso:the youngest』

トニー(13歳、男)、ブンソー(11歳、男)、ジョセル(11歳、男)。彼らは、檻の中と外を行ったり来たりしている。親が面会に来ることは滅多 にない。見捨てられたのだ。貧しい家庭に育ち、職のない父親に日夜暴力を振るわれる少 [...]

言葉に依らないリアリティ – 『The Storekeeper』

後にアカデミー賞作品を生み出すことになるギャヴィン・フッド監督の最初の映画は、すばらしく美しい作品だった。監督が、自分の生まれ育った南アフ リカの地をどれほど愛しているかは、このわずか22分のショートストーリーを見れば、 [...]

威嚇のための武器なき世界 – 『ツォツィ』

南アフリカ共和国、大都会ヨハネスブルグの片隅で、19になるツォツィはその心を閉じ、仲間とともにむき出しのナイフの如き日々を生きる。それでも、かつて深く傷ついた心を、いつまでも眠らせておくことなんてできない。
混沌とした頭 [...]

Most Emailed

Twitter (ケープタウン新聞)

南アフリカ ニュース - 政治用語

HOME | Nagana Japanについて | メンバー | お問い合わせ